• SUGARHILLのデニム、『CLASSICシリーズ』編

    SUGARHILLのデニム、『CLASSICシリーズ』編

      当店でお取り扱いさせていただいているSUGARHILL。毎シーズンご好評いただいているデニムですが、23awからデニムの新たなラインが立ち上がったりと、店頭で悩まれる方が多くみられます。そこで、今回は2回に分けてSUGARHILLのデニムを紹介させていただきます。 今回は定番の『CLASSICシリーズ』について詳しく見ていきましょう!  まず『CLASSICシリーズ』に使用されている生地について紹介させていただきます。生地は岡山県井原市に拠点を置く日本製で、SUGARHILLオリジナルの14.5ozデニム生地を使用しています。 特徴としてハードなムラ形状の米綿を主原料としています。また経糸をインディゴロープに染色し、緯糸は本来であれば生成りが使用されるところをカーキに染色しています。 芯まで染まりきらないため色落ちは早い生地ですが、緯糸がカーキに染められていることによって深みのあるヴィンテージライクなフェードが起こるようになっています。 【CLASSIC DENIM JACKET】   次にコチラの『CLASSIC DENIM JACKET』。507XXがベースになっていますが、細かなところまで着目するとSUGARHILLの拘りが詰まっています。 1つ目はフロント部分。 肩にはウエスタンシャツでよく見るディティール。襟元から裾付近にかけて3重のプリーツが入っており、ボタンには大戦モデルで見られる月桂樹ボタンを使用しています。  2つ目はポケット。外側にワイングラスのようなポケットが付けられています。そして、ジャケットを広げて見ると同じくワイングラス型のポケットが。 個人的には他者から見ても気付けない、この隠されたポケットが好みです。 3つ目はバック部分。 このようにシンチバックが付けられています。最後はコチラの袖口部分。  エルボーパッチのようなデザインが袖口まで施してあるのと、よく見るとテーパードがかかったスリーブになっています。 ジャケットだけでも、こんなにもありそうでないSUGARHILLらしいディティールが詰め込まれています。  では、続いてはデニムパンツを見ていきましょう!  まず、当店で取り扱いのある3型の共通としてジャケットと同様、ポケットはワイングラス型で、月桂樹ボタンを使用し、シンチバックが付けられています。 【CLASSIC DENIM PANTS】  まず、1型目はコチラの『CLASSIC DENIM PANTS』。ブランドの代名詞とも呼べる型になっており、シルエットはワイドストレートになっていて、フロントボタンが剥き出しの仕様になっています。 また、セルビッチデニムになっており、ほつれ糸は「赤耳」になっています。   【CLASSIC DOUBLE KNEE DENIM PANTS】...

    SUGARHILLのデニム、『CLASSICシリーズ』編

      当店でお取り扱いさせていただいているSUGARHILL。毎シーズンご好評いただいているデニムですが、23awからデニムの新たなラインが立ち上がったりと、店頭で悩まれる方が多くみられます。そこで、今回は2回に分けてSUGARHILLのデニムを紹介させていただきます。 今回は定番の『CLASSICシリーズ』について詳しく見ていきましょう!  まず『CLASSICシリーズ』に使用されている生地について紹介させていただきます。生地は岡山県井原市に拠点を置く日本製で、SUGARHILLオリジナルの14.5ozデニム生地を使用しています。 特徴としてハードなムラ形状の米綿を主原料としています。また経糸をインディゴロープに染色し、緯糸は本来であれば生成りが使用されるところをカーキに染色しています。 芯まで染まりきらないため色落ちは早い生地ですが、緯糸がカーキに染められていることによって深みのあるヴィンテージライクなフェードが起こるようになっています。 【CLASSIC DENIM JACKET】   次にコチラの『CLASSIC DENIM JACKET』。507XXがベースになっていますが、細かなところまで着目するとSUGARHILLの拘りが詰まっています。 1つ目はフロント部分。 肩にはウエスタンシャツでよく見るディティール。襟元から裾付近にかけて3重のプリーツが入っており、ボタンには大戦モデルで見られる月桂樹ボタンを使用しています。  2つ目はポケット。外側にワイングラスのようなポケットが付けられています。そして、ジャケットを広げて見ると同じくワイングラス型のポケットが。 個人的には他者から見ても気付けない、この隠されたポケットが好みです。 3つ目はバック部分。 このようにシンチバックが付けられています。最後はコチラの袖口部分。  エルボーパッチのようなデザインが袖口まで施してあるのと、よく見るとテーパードがかかったスリーブになっています。 ジャケットだけでも、こんなにもありそうでないSUGARHILLらしいディティールが詰め込まれています。  では、続いてはデニムパンツを見ていきましょう!  まず、当店で取り扱いのある3型の共通としてジャケットと同様、ポケットはワイングラス型で、月桂樹ボタンを使用し、シンチバックが付けられています。 【CLASSIC DENIM PANTS】  まず、1型目はコチラの『CLASSIC DENIM PANTS』。ブランドの代名詞とも呼べる型になっており、シルエットはワイドストレートになっていて、フロントボタンが剥き出しの仕様になっています。 また、セルビッチデニムになっており、ほつれ糸は「赤耳」になっています。   【CLASSIC DOUBLE KNEE DENIM PANTS】...

  • 【JIAN YE】取扱い店舗変更に関して

    【JIAN YE】取扱い店舗変更に関して

      いつも当店をご利用いただきありがとうございます。   今回、当店でお取り扱いさせていただいているJIAN YEに関するご案内をさせていただきます。   24SSシーズンより当店の姉妹店であるcocorozashiにてお取り扱いさせていただくことが、決定しました。 すでに24SSのデリバリーが始まっておりますので、ご検討されている方がいらっしゃいましたら是非コチラからご確認いただけたら幸いです。     最後にJIAN YEをご購入のされる際に発生する注意点をご案内させていただきます。 ※scillaで会員登録がお済の方に限り、cocorozashiにて再度会員のご登録を推奨させていただきます。cocorozashiの会員登録をしていただく際に、Tamaya-Group会員アプリに連携をしていただく事で両店で貯めていただいたポイントが共有されます。また、こちらの連携をしていただくと、両店以外の他の姉妹店をご利用いただいた際でもポイントが加算されていきますので、お手すきの際にご登録いただけたら幸いです。 ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。 お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。            

    【JIAN YE】取扱い店舗変更に関して

      いつも当店をご利用いただきありがとうございます。   今回、当店でお取り扱いさせていただいているJIAN YEに関するご案内をさせていただきます。   24SSシーズンより当店の姉妹店であるcocorozashiにてお取り扱いさせていただくことが、決定しました。 すでに24SSのデリバリーが始まっておりますので、ご検討されている方がいらっしゃいましたら是非コチラからご確認いただけたら幸いです。     最後にJIAN YEをご購入のされる際に発生する注意点をご案内させていただきます。 ※scillaで会員登録がお済の方に限り、cocorozashiにて再度会員のご登録を推奨させていただきます。cocorozashiの会員登録をしていただく際に、Tamaya-Group会員アプリに連携をしていただく事で両店で貯めていただいたポイントが共有されます。また、こちらの連携をしていただくと、両店以外の他の姉妹店をご利用いただいた際でもポイントが加算されていきますので、お手すきの際にご登録いただけたら幸いです。 ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。 お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。            

  • ブランド紹介 - LITTLEBIG -

    ブランド紹介 - LITTLEBIG -

    どうもこんにちは、イケダです。 今回はブランド紹介第8回ということで「LITTLEBIG」を紹介させていただきます。ちなみにLITTLEBIGは私イケダが洋服を好きになったきっかけのブランドでもあります。 まずは、簡単なプロフィールから、 Designer : Keita Mawatari2011年、デザイナーの馬渡圭太によりスタート。「テーラードを美しいままストリートで という概念を基とした、クラシックでモダンな男性服」をコンセプトに掲げたブランド。代名詞であるテーラードジャケットからは洋服に宿る力強さと美しさを感じられる。デザインの根底には常に音楽があり、英国のパンクやロックスタイルなどカルチャーの要素を色濃く取り入れたコレクションを展開する。 やはりLITTLEBIGといえばテーラードジャケットというイメージの方も多いかと思います。私自身も初めてLITTLEBIGのセットアップに袖を通したときはかなり衝撃を受けました。見た瞬間、着た瞬間に電撃が走ったかのような衝撃。あまりにもかっこよすぎると人は言葉を失い、思わず笑みがこぼれてしまうものです。 続いて過去のコレクションのルックを見ていきましょう。 ・2018ss collection ・2018aw collection ・2019ss collection ・2019aw collection ・2020ss collection ・2020aw collection ・2021ss collection ・2021aw collection ・2022ss collection ・2022aw collection ・2023ss collection ・2023aw...

    ブランド紹介 - LITTLEBIG -

    どうもこんにちは、イケダです。 今回はブランド紹介第8回ということで「LITTLEBIG」を紹介させていただきます。ちなみにLITTLEBIGは私イケダが洋服を好きになったきっかけのブランドでもあります。 まずは、簡単なプロフィールから、 Designer : Keita Mawatari2011年、デザイナーの馬渡圭太によりスタート。「テーラードを美しいままストリートで という概念を基とした、クラシックでモダンな男性服」をコンセプトに掲げたブランド。代名詞であるテーラードジャケットからは洋服に宿る力強さと美しさを感じられる。デザインの根底には常に音楽があり、英国のパンクやロックスタイルなどカルチャーの要素を色濃く取り入れたコレクションを展開する。 やはりLITTLEBIGといえばテーラードジャケットというイメージの方も多いかと思います。私自身も初めてLITTLEBIGのセットアップに袖を通したときはかなり衝撃を受けました。見た瞬間、着た瞬間に電撃が走ったかのような衝撃。あまりにもかっこよすぎると人は言葉を失い、思わず笑みがこぼれてしまうものです。 続いて過去のコレクションのルックを見ていきましょう。 ・2018ss collection ・2018aw collection ・2019ss collection ・2019aw collection ・2020ss collection ・2020aw collection ・2021ss collection ・2021aw collection ・2022ss collection ・2022aw collection ・2023ss collection ・2023aw...

1 OF 3